診療科紹介

  • 診療科
  • センター

センター

  1. Home
  2. 診療科紹介
  3. センター

統合診療センター

統合診療センター

各科に分散している診療機能を統合することで、一カ所で専門医のトータルケア(Total care)が受けられる診療室です。協力診療体制により、迅速で正確な精密診断や多角的な治療が可能であり、患者の皆様のニーズに合わせたワンストップサービス(One-stop service)を提供しているので、より体系的で便利な医療サービスを受けられます。

インプラント診療センター

インプラント診療センター

手術に必要な様々な先端医療機器を完備しており、インプラント手術専用の独立した5室の手術室と3室の外来診療室のほか、専用のカウンセリング室と待合室を設け、便利で快適な診療を心がけています。歯周科や口腔顎顔面外科、歯科補綴科で長年のインプラント施術経験を持つ専門の医療スタッフが、円滑な協力診療体制のもと、患者の皆様お一人おひとりの特性に応じた施術方法を提示し、インプラント施術の安定性と正確性を高めており、施術の成功率と長期的な安定性を高めるための様々な研究活動を続けています。

口腔顎顔面奇形診療室

口腔顎顔面奇形診療室

下顎前突、口唇口蓋裂、頭蓋骨の奇形など、口腔顎顔面奇形患者を専門に診療し、治療する特殊診療室です。口腔顎顔面外科や歯科矯正科、口腔顎顔面放射線科、小児歯科など複数の診療科が効率的な協力診療体制を構築し、矯正治療や手術などにより口腔顎顔面部位の機能と審美的な問題を改善し、治療効果を高めます。さらに、患者の皆様の社会生活への適応力の向上や自信の回復など性格の改善にもつながり、患者の皆様の暮らしの質の向上とともに、患者の皆様が自信を持って社会生活を送れるように人生の新しい希望を与える専門診療室です。

院内学生診療センター

院内学生診療センター

臨床教育課程の歯医学大学院3・4年生が、教授または外来教授の指導のもとで総合的な歯科診療を行うところです。口腔顎顔面外科、歯科保存科、歯科補綴科、歯周科の患者のうち一般診療を希望する患者の皆様を対象に、院内生にできる範囲内の基本的な歯科臨床施術を行っています。4つの科の診療が統合的に行われるため、各科の円滑な連携によってより迅速で総合的な診療が可能です。教授、外来教授、専門医、院内生が十分な時間を取って検討し、より合理的な治療計画を立てることで、治療に対する患者の皆様のご理解を得られるようサポートしています。

障害者口腔診療室

障害者口腔診療室

全身の健康、意思疎通や行動調節に問題があり、特殊診療が求められる障害をお持ちの方を専門に診療します。小児歯科、歯科保存科、歯科麻酔科と協力診療体制を取っており、障害者をお持ちの皆様の歯科診療に必要な医療機器や麻酔施設、補助スタッフを配置し、迅速かつ効率的に治療に当たります。

言語治療室

言語治療室

言語発達の問題や様々な事故、口腔顎顔面奇形、病気などによる言語障害を持つ患者を専門的に診断し、治療する診療室で、言語検査のための道具や客観的な言語評価機器を保有し、より正確な言語評価と適切な治療を行っています。さらに、口腔内科や歯科矯正科、口腔顎顔面外科の専門医との協力診療体制のもと、統合的かつ効率的な医療サービスを提供することで、患者の皆様が言語障害を克服して社会に復帰できるよう科学的・体系的に管理しています。

歯科救急診療室

歯科救急診療室

歯科救急診療室では、歯科関係の緊急事態に迅速に対応するため、専門の医療スタッフが24時間待機しています。どのような緊急事態にも迅速かつ的確に対応することで、患者の皆様の苦しみや傷を最小限に抑えており、患者の皆様の早期快癒のために最善を尽くしています。

口腔疾患予防および口腔健康増進室

口腔疾患予防および口腔健康増進室

歯茎の健康を守る上で最も基本となるスケーリングを行うところです。また、基本的な歯磨きの方法やその他の口腔衛生用品に関する教育を行っており、歯茎の治療後の継続的な管理プログラムにより、生涯にわたる口腔の健康維持を図っています。口腔保健の向上と増進のために口腔疾患の予防に関する教育を行い予防の重要性を認識していただくことで、歯周疾患への関心を高めています。